募集対象テーマ

「食に繋がる社会課題を解決するビジネス」(KEIO KITCHENのテーマを具現化)

募集対象ビジネスプラン

・上記募集対象テーマに沿ったもの
・「食」x ○○○:従来の業界やジャンルの枠を超えたビジネスプラン
○○○とは?フードテック、アグリテック、ヘルステック、HRテック、Finテック、SCMなど「食」の領域を広げるビジネスプラン

・具体的には農水産・流通・飲食業・健康産業を始めとする幅広い分野において、新しいテクノロジーを駆使し、あるいは新たなビジネスモデルを構築してテーマを具現化し、ソーシャル・イノベーションをもたらすような、社会的インパクトの強いビジネスプラン

✔︎ビジネスプランは実現すること(概ね1年以内に起業)を前提とします。
ビジネス実現の使途に限って支援金は支払われます。

✔︎ビジネスプランはKEIO KITCHENのコンセプトに合致するものとします。

✔︎いずれも既存のアイデア・プランの盗用、他のビジネスコンテストにおいて受賞歴のあるアイデア・プランは対象外とします。

KEIO KITCHENについて

10月21日(日)に開催される今年の連合三田会大会では、「食」に関する社会課題に目を向け、共に考え、語らう場と機会を提供することを目的とし、「未来を創り 命を育む KEIO KITCHEN」というテーマを掲げています。
本年度のKBC主催のBusiness Contestは、このテーマに合わせて、食の社会課題解決を目的としたビジネスプランを、学生だけでなく幅広く社会人からも募集し、起業や活動を支援・育成することを目的に実施します。

皆さんの素敵なビジネスアイデアをたくさんお待ちしております!

募集背景

・慶應義塾は創立以来、様々な社会課題に実学として取り組み、未来を先導してきました。そこで、創立160周年の記念すべき2018年慶應義塾連合三田会大会では、こうした社会課題解決を目的としたビジネスプランを、塾員・塾生などを中心に幅広く募集し、その起業や活動を支援・育成するためのビジネスコンテストを実施することを企画しました。
・2018年慶應義塾連合三田会大会では、食に関連する社会課題に目を向け、共に考え、語らう場と機会を提供することを目的とし、「未来を創り 命を育む KEIO KITCHEN」というコンセプトを掲げています。

・そこで、農水産・流通・飲食業・健康産業を始めとする幅広い分野において、新しいテクノロジーを駆使し、あるいは新たなビジネスモデルを構築してこのコンセプトを具現化し、ソーシャル・イノベーションもたらすような、社会的インパクトの強いビジネスプランを塾員・塾生を中心に募集します。そして、義塾社中の強力なネットワークと社会をリードする先端的な知見により、そのビジネスの実現に至るまで支援・育成することを目標とします。

応募資格(対象者)

新しいビジネスモデル、新規技術等により起業を目指す慶應義塾現役塾生、塾員ならびに、慶應義塾教職員・付属研究所員、一貫校生徒を最低一人含む個人またはチーム。
※9月9日、9月30日、10月21日のピッチ及びメンタリング、最終選考会に出場することを条件とします。

審査基準

事業化に対する情熱・熱意を有していること
事業化の実現可能性が高い個人・チームであること
事業化の可能性が高いビジネスプランであること
社会性を有しているビジネスプランであること
革新性を有しているビジネスプランであること
顧客ニーズを意識したビジネスプランであること
将来性・拡張性が高いビジネスプランであること

審査方法・結果発表等

1.応募書類による一次審査を実施。一次審査通過者(10組を想定)を9月1日に発表。
2.一次選考通過者は9月9日のデモデーにピッチ(2次審査)。審査の上、最終選考参加グループの5組を同日に発表。ピッチ実施全チームに対してメンターよりフィードバック。
3.最終選考参加グループは9月30日にも再度ピッチ。最終メンタリング実施。
4.10月21日(日)の2018年連合三田会大会最終選考会の審査を経て、各賞を当日発表。

表彰内容

事業化もしくは事業の発展に向けた支援として、以下を授与します。
・グランプリ 創業支援金(100万円)

・各部門賞  創業支援金(10-50万円)

※審査基準に満たない場合は対象者無しの場合もあります。

一次・二次審査通過者、優秀者への特典

審査プロセスに応じて、研修・メンタリングの実施、VC等とのネットワーキング等を特典として提供いたします。
出場して終わりではなくその後のフォローアップを重視しています。

応募期間

2018年7月1日(月)~8月31日(金)

参加費

無料

応募方法

①応募書類
下のボタンよりアクセスできる応募フォームにて、必要事項を記入のうえご応募ください。
②参考資料(任意)
任意で参考資料の提出が可能です。 ※PDF形式のみ、10ページ以内。

書類審査内容

Q1:(ターゲット)対象としている顧客層を明確にし、その規模も含め、具体的に記述してください
Q2:(カスタマーペイン)上記の顧客の課題を、具体的に記述してください
Q3:(ビジネルモデル概要)上記の顧客の課題を、どのように解決しようとしているのか、現時点で想定しているビジネスモデルを記述してください。
Q4:(競合優位性)他のプロダクトやサービスと比較した場合の、あなたのビジネスモデルの強みを教えてください。
Q5:(チームメンバーの課題感や強み)上記の顧客の課題を解決したいと思うきっかけとなった経験や、チームメンバーの強みを教えてください。
参考資料(任意)
◯審査の参考資料として、既存のプレンゼン資料等の提出が可能です(※PDF形式のみ)

入賞発表

2018年10月21日 2018年慶應義塾連合三田会大会日吉キャンパス来往舎テラス
主催・運営   :KBC~Keio Business Community~
企画・運営協力 :2018年慶應連合三田会大会
協賛    :メンター三田会、ベンチャー三田会、SFCフォーラム
協力 :慶應義塾大学先端生命科学研究所、料飲三田会、SFC食の会、全国慶應学生連盟、経済新人会、オイシックス・ラ・大地株式会社

情報更新

KBCのホームページを通じて、詳細の発表を行っていきます。

参加応募はこちらから
KEIO BUSINESS CONTESTにエントリーする